『急募』 アートワーク設計者 面接随時 図研CAD経験者 連絡先090-3207-7814 佐藤



SIシミュレーション

  • ドライバレシーバ波形
  • オーバーシュート アンダーシュート
  • 立ち上がり時間の測定
  • クロストーク
  • 複数のボード間対応
  • トポロジー配線長対策部品検討
  • トータル開発時間短縮
  • トータルコストダウン

デジタル信号も高速化が進み、今までは問題にならなかった信号配線において、伝送波形での反射やクロストークが見られます。 高速化に対応した接続バスやデバイスを搭載するプリント基板は、パターン(伝送線路)を信号に対応させたコントロール設計をしなくては正常に動作しなくなってきました。 そこで、弊社では、接続バス等の規格で要求されるインピーダンスに合わせて設計するとともに、シミュレーション解析・検証をすることによって、シグナルインテグリティ(SI)を保ち、品質の高い基板設計を行います。 又、解析・検証をすることにより後戻りを防ぎ、開発期間の短縮とトータルコストの低減を可能にすることを目指します。

SI問題を基板設計データ上で解析します。(Signal Integrity : 信号品質・信号の完全性)

ポスト解析

回路設計→基板設計→SI設計

SI解析用のハイパフォーマンスな高精度タイムドメインシミュレータと、高速な周波数ドメインシミュレータを搭載しています。 カップリングを考慮した波形結果表示の他に、What-IF(シミュレーション)解析のためのパラメータスイープ機能があり、対策部品や伝送線路パラメータ、入力パルス等を変更して最適な値の検証ができます。 また、ギガビット設計における差動伝送線路の解析に対してはアイパターン解析が利用可能です。

シミュレーションモデルにはIBISモデルを使用します。 IBISモデルを取り込む際にはフォーマットや記述ミスのチェックだけではなく、VIカーブをグラフィカルに表示してチェックができます。 Electrical Board Descriptions(EBD)による複数のプラグインボードの記述にも対応しているので、メモリーボードなどを実装したマザーボードの解析が可能です。

マルチボード機能により、単一の環境にてシステムの解析と検証ができます。

解析項目

配線済みのシングル線路/差動線路に対して以下の解析を行うことが可能です。

  • ドライバ/レシーバの波形

    ドライバ ピン上/レシーバ ピン上の波形結果が確認できます。

  • オーバーシュート/アンダーシュートの測定

    オーバーシュート、アンダーシュート、立上り時間などの測定が可能です。

  • アイパターン解析

    指定のアイパターン値の情報を波形と合成することが可能です。

  • 他の信号ラインからの影響(クロストークの確認)

    他の信号ラインからの影響を考慮して解析を行います。

配線トポロジー、配線長、対策部品を検討します。

  • スター配線:ダンピング抵抗有
  • スター配線:ダンピング抵抗無
  • 一筆配線:ダンピング抵抗有
  • 一筆配線:ダンピング抵抗無